じゅんファミリークリニック|富士見市 ふじみ野駅|生活習慣病/禁煙外来

049-293-8388

 

生活習慣病の診療についてAbout medical treatment

HOME / 生活習慣病の診療について - 脂質異常症(高脂血症)
富士見市のじゅんファミリークリニックでは、脂質異常症(高脂血症)の診療を行っています。ふじみ野駅徒歩3分の便利な立地で、駐車場も完備。便利なネット予約も受け付けています。ぜひお気軽にご相談ください。

脂質異常症(高脂血症)とは

脂質は、炭水化物・タンパク質と合わせて3大栄養素と呼ばれ、人の体にはなくてはならない成分です。この脂質の代謝に異常が起きた状態が「脂質異常症」になります。
脂質には、健康診断の検査結果でよく目にする、コレステロールや中性脂肪などが含まれます。それぞれの働きと脂質異常症の血液検査の基準を見てみましょう。

※下表は横スクロールしてご覧ください
  脂質の種類 働き 脂質異常症の基準
コレステロール HDLコレステロール
(善玉コレステロール)
・血液中の余ったコレステロールを肝臓に戻す
・動脈硬化の進行を防ぐ
40mg/dl未満
(低HDLコレステロール血症)
LDLコレステロール
(悪玉コレステロール)
・コレステロールを肝臓から全身の隅々に運ぶ
・多すぎると、血管の壁に入り蓄積。動脈硬化を引き起こす原因になる
140mg/dl以上
(高LDLコレステロール血症)
中性脂肪 ・重要なエネルギー源であり、ビタミンや必須脂肪酸の摂取に必要
・余った脂質は、体脂肪として蓄積し、肥満や生活習慣病の原因になる
150mg/dl以上
(高トリグリセライド血症)

コレステロールは、HDLコレステロールとLDLコレステロールがあり、それぞれ善玉コレステロール、悪玉コレステロールと呼ばれています。同じコレステロールなのですが、働きはまったく逆です。

上表のように、悪玉コレステロールや中性脂肪が多い場合や、善玉コレステロールが少ない場合に、脂質異常症と診断されます。特に症状がないため、そのまま治療せず放っておく方も少なくありませんが、脂質異常症は動脈硬化を引き起こす怖い病気です。

また、大部分の脂質異常症は、食べすぎや運動不足などの生活習慣が原因になります。その他の原因としては、ホルモン異常や糖尿病などの他の病気が原因の場合や、遺伝によって起こる家族性高コレステロール血症の場合もあります。
脂質異常症は、必要な治療を受けることで進行を防げますので、きちんと治療を受けることが大切です。

脂質異常症を放っておくと

脂質異常症は、動脈硬化を引き起こすだけでなく、そこから命に関わる合併症を発症するリスクが高くなります。
動脈硬化は、単純に血管が硬くなる病気ではなく、血管の内部がぼろぼろになり、血栓(血の塊)によって血管が詰まったり、血管の破裂を招くこともあります。
動脈硬化によって、血管にどんな変化が起こるのか見てみましょう。

この④の状態が、心筋梗塞や脳梗塞になります。

心筋梗塞

血栓が冠動脈(心臓に栄養や酸素を運ぶ血管)に詰まり、心筋が壊死した状態です。致死率が高く、発症から1時間以内に半数以上の方が命を落とします。

脳梗塞

脳の血管が詰まり、脳の組織が壊死した状態です。2018年の日本人の死因第4位*が、この脳梗塞を含む脳血管疾患になっています。
壊死した場所や範囲によって、後遺症の種類や部位、程度が変わってきます。意識障害や認知障害、嚥下障害、運動障害、感覚障害、自律神経障害など、様々な後遺症が見られます。 *厚生労働省 平成 30 年(2018)人口動態統計月報年計(概数の概況 )より参照

これらの心疾患や脳血管疾患などの致死的な病気を防ぐには、早い段階で脂質異常症の治療を受け、動脈硬化を予防することが重要になります。

脂質異常症の治療

脂質異常症は、患者さんの状態に合わせて、コレステロールや中性脂肪などの脂質管理目標値が決められます。目標値は、心筋梗塞や狭心症、糖尿病、脳梗塞などの既往の有無、年齢、性別、喫煙の有無、血圧の状態などを考慮して設定されます。

脂質の状態をこの目標値内にコントロールし、動脈硬化や合併症を予防することが治療の目的になります。治療法としては、生活習慣の改善や薬物療法などがあります。
薬物療法は、動脈硬化がすでに起こっていたり、糖尿病や高血圧、喫煙などの動脈硬化のリスクが高かったり、家族性高コレステロール血症の場合に積極的に行われる治療です。
また、生活習慣の改善をしても効果があまり見られない場合にも薬物療法が選択されます。

使用される薬には、肝臓でのコレステロールや中性脂肪の合成を抑えるタイプや、体外にコレステロールを排出させるタイプ、コレステロールの吸収を抑えるタイプなどがあり、患者さんによって有効な薬は違ってきます。
脂質異常症の治療薬は、脂質異常の改善効果だけでなく、動脈硬化の進行を抑えたり改善する効果も期待できます。
ただし、食事や運動、禁煙などの生活習慣の改善を行うことが前提になります。

生活習慣の改善について

脂質異常症の治療において重要なのが、生活習慣の改善です。改善のポイントを見ていきましょう。

食事内容の見直し

悪玉コレステロールを上昇させる、飽和脂肪酸やコレステロールの摂取量を減らすことが大切です。それぞれ含有量の多い食品が下記の通りです。

多く含まれる食品
飽和脂肪酸 ラード、鶏皮、ベーコン、生クリーム、アイスクリーム、バターなど
コレステロール 肉や卵の黄身、動物性のレバー、たらこなど

これらの食品をあまり含まない食事が、和食です。魚料理を中心に、煮物や味噌汁、納豆などのメニューにすれば、食物繊維やビタミン、タンパク質などの栄養素も摂れる理想的な食事になります。
また、食べすぎは禁物ですので、腹八分目を心がけ、間食はできるだけ控えましょう。

アルコールを控える

アルコールも控えておきましょう。1日の飲酒量を、日本酒なら1合以下、ビールなら中瓶1本以下に控えることが望ましいです。アルコールと一緒におつまみも欲しくなりますが、食べすぎの元になりますので控えておきましょう。

運動習慣をつける

運動療法には、中性脂肪を低下させ、善玉コレステロールを上昇させる効果があります。また、高血圧の改善や体重の減少、動脈硬化の予防、糖尿病の血糖コントロールが良い状態に保てるなどの効果もあり、毎日続けることが大切です。
脂質異常症の予防や治療には、ウォーキングやジョギング、水中歩行のような有酸素運動を行うのが理想的です。時間は毎日30分以上、または週180分以上が目安になります。
ちょっときついけど続けられると感じる程度の運動の強さで行いましょう。急に激しい運動を行うと、思わぬケガや不調を招きますので、軽い運動から始め、時間も少しずつ伸ばしていきましょう。

禁煙する

喫煙は脂質異常症の原因のひとつであり、動脈硬化の危険因子でもあります。患者さん自身の喫煙はもちろん、ご家族や同僚の喫煙による受動喫煙も避けることが必要になります。
自力での禁煙が難しい場合は、禁煙外来などを受診してみましょう。